新しく増えた家族と、あちらのあのこと、みんなで週末フリマをしながら
いろんなところにいっています。
取手、柏、守谷周辺にお住まいの方は、ぜひ参考にしてくださいね。
おすすめフリーマーケット情報があったら、ぜひ教えてください♪

2005年8月5日、我が家は第2子かのんを、
常位胎盤早期剥離で妊娠9ヶ月でお空に返しました。
そのことをきっかけにこのブログをはじめました。
そのときの経過や、その後の妊娠についてが綴ってあります。
悲しみはずっと消えないけれど、
今では家族で普通にかのんの事をお話できるようになりました。
そっと支えてくれた人たち、一緒に歩いた人たちありがとうござました。
これからもヨロシクネ♪
  ななころび やおき
いらっしゃいませ、よかったら、足跡をのこしてくださいね
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
だんなのいびき
だんなのいびきが、最近さらにひどい。
私と娘だけだったときは、二人とももう慣れているから
うるさくても夜おきちゃうことはなかった。
でも、息子は、旦那のぐー、フガッという大音量に起きてしまう。
みんなが寝た後、パソコンもしたいし、洗濯物たたみたいし、
仕事もあるし、録画のTVも見たいのに、
添い寝→フガッ→ビエーン→添い寝→フガッ→ビエーン
この繰り返し。

余裕があるときはいいのだけれど、
ほんとになんだよ、この音、大きな音でフガッってなんだよ。
本当に馬鹿かよって、やることがたまっているときには
本当にむかついてしまう。
枕でたたいたり、おでこをピシっとたたいたり、
ひどいときにはガムテープを張ったりするが、
旦那は上手にすり抜け、ガーガー、フガフガしている。

結婚前に、鼻ジェットという2万何ぼする、いびきに効くという機械を買ったが、
何の効果もなく、何ヶ月かしてほこりにまみれ、引越しのときに捨てた。
(違う名前だったかもしれない、私たちが勝手に名前をつけた気がする)
テープとやらもやったけれど駄目、。
横向き寝も駄目。
何か、いい方法があったら教えてください。

1ヶ月くらい前までは、殴ったり、蹴ったり、鼻をつまんでも
旦那は気がついていなかったのですが、
私が頭に来る回数が増えて、エスカレートしてしまったようで
気がついてしまった。
朝、むっとしながら、
「昨日、結構思いっきり殴らなかったー?」ギロッと睨まれ、
「えー、そうだっけ?シラなーい」
と、言うのにも限界が来てしまった。

びっくりした顔で一瞬起きるのが、楽しくて仕方なかったのだが
しばらくおあずけです。
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(8) | - |
たんばらから長野へ 34歳 初めて旦那の父に会う
ふう、行ってきました。だんなの実家に・・・。

朝起きて、だんなのいないところで姉に聞きました。
パパのおとうさんとお母さんが、会いたいみたい。
どうする?と
姉はうーん、よくわかんないという。
ママはどうなの?と言われたのでママは行きたくないけど、
姉が会ってみたかったら、ママ行くよと言うと、
私はママが行くのなら行くわと返される。
パパが8年もお母さんとお父さんに会っていないの。
ママは姉と8年もあっていない生活なんて考えられないから、
それじゃあ、ママもどっちでもいい、
姉もどっちでもいい、
パパがすごーくすごーく行きたいのならついって行ってやるかということに決まる。
沼田のインターについたら、パパに話すかな、
スキー場は最終日、少しふぶいていて
昨日までのすいているのが嘘のように、
人がすごくてリフトが長い列。
みんな1本ずつ滑って、(私はまたおんぶスキー)
もうやめよう、温泉でも行こうということになる。
来年は、日程を一日早めようと心に決める。

山を降りはじめる。
たんばらは沼田インターから19キロ。
結構細く急勾配な山道が続く。
行きは難なくのぼってこられたが、
帰りはー、死ぬかと思った。
スタットレスがないので、FR車なので後輪にチェーンを巻いているが、
くだりなことと、滞在中に降り積もった雪と、我が家のような立ち往生している車が多く
狭い道幅がさらに狭くなっている。
前輪がまったくハンドルがきかない。
娘は助手席で、手を合わせて祈っていた。
親友のFちゃんにもう会えなくなると、隠れてぽろぽろないていたらしい。
ポケモンのDSの救助隊のように、Fちゃんが、ビヨーンと現れて
助けてくれないかなあと考えていたそうだ。
出た時間が早くて、あまり対向車がいなかったのでなんとか降りてこられたが、
7キロほどを降りるのに、渋滞もしていないのに2時間以上かかった。
パパは雪の壁を利用して車の方向を立てなおしたり、
後ろからくる車を先に行かせたりしながら、
なんとかがんばった・・。右に左にすべって当たって下りてきたのだ、
大変だったけれど、パパはついているなあ。
山を降りきって、ホットしている私に、実家に行きたいんだ、よってくれる?と言った。
がけから落ちて死ぬ死ぬと、思った後なので、
あっさりと、いいよ、泊まりはしんどいからそういうのは、
日帰りの予定で行って、あとから決めてねとかそんな会話。

カーナビに、旦那の実家をセットすると・・・・・。
200キロとある。
おいおい、取手からスキー場まで170キロだったぞ。
遠いじゃないかよー。
まあ、家から直接行くよりは近いけれどね。
4時半ごろ沼田を出発して、旦那の実家に着いたのが8時ごろ。
いいよとはいっては見たものの
やはり、8年間の怒りがどわーっと沸いてきてつくまでひどい頭痛だった。
調子よくするのはやめよう。
もう8年も会わないできちゃったんだ、
どう思われてもいいや、旦那と子供にご両親は会いたいだろうから
私はぼーっとしていようと思った。

家について、
我が家みんなが緊張していた。
弟がなにもわからないのが救いだった。
つきなみですが、
お料理の支度をしている、お義母さんに
「お手伝いします」2度と言ったが、
「いいのよ、座っていて」と同じ回数言ってもらい、
うー、こういう場合は本当に座っていていいのか、
それでも手伝うのか、どっちなんだ、まいったなあ。
とか、パパの弟たちがたわいない話をしてくれて
なごやかに3時間ほどたった。
お義母さんが、「お風呂にはいって」といい、
旦那が断らない。
お風呂に入ったらお泊りコースか、ちょっとしんどいなあとおもいつつ
調子のいい私はお風呂を断れない。
今日帰りますのでという一言が
旦那も私も出ない。
旦那は久しぶりだから、泊まりたかったろうしね。悪かったね。

お風呂で姉と二人になったときに、
「なかなか会えないのだし、泊まりたいかい?」と聞くと、
そういえば、はきはき、てきぱきいい子に受け答えしていた姉も
相当疲れてしまったらしい。
8歳で、急におじいちゃんやおばあちゃんに会ったのだ。
そりゃそうだよね。
複雑で申し訳ないね、姉は「疲れた、うちに帰りたい」という。
姉のこの一言がなかったら、調子のいい私は、
仕方ない一泊くらい付き合うかと安受けあいしたあと、
帰りにストレス発散に話が違うと相当文句を言って
おお喧嘩になっていただろう。

お風呂に入ってきた旦那に、またくるから今日は帰りたいと言った。
旦那は少し困った顔をしたが、分かったといって先に風呂を出た。
どういう会話が家族であったかわからないが
私や姉がお風呂から出たときには、
日帰りで帰るように話がまとまっていた。

ほっとした私は、弟をお義母さんに抱っこしてもらい、
お義父さんと弟を歩かせて、すこしリラックスしてお話できた。
それまでは、どうだったろう、あまりしゃべらず、
酸欠状態の金魚のようだったと思う。

パパとお義父さんも長年の澱がとれて
親子の会話をしていてほっとした。
いろんなお野菜を車につめてもらい、
12時ごろ車に乗り込んだ。
ああ、泊まってあげたほうがいいのになあ、そんなにこれないのにと、
私ひどいかなあと、
あたまに中でグラングランしたが、
早く帰ってしまう分、早くきますので許してーと思った。
さようならをしてから、これでよかったのではないかと思った。
旦那は私に「ありがとう」といい、
私も泊まれなくて「申し訳なかったね」と言った。
無理して泊まっていたら、文句になってしまったと思う、
次はいやだと思ったと思う。
両方、相手に悪かったなと思っていたから会話がスムーズで
旦那も、お義母さんも、お義父さんも笑顔が見れて
よかったなあと思えた。

次は、うちでご飯の用意を用意していって、
子供たちとお義母さんにゆっくりしてもらおう。
お義母さんは、いろんな支度であまり子供と接する時間が取れなかったからね。
ありがとうございました。

お正月から、どうなることかと思いましたが
いい年明けでした。
3日は疲れすぎて、死んだように眠りましたが・・。
取手に戻って初詣に行ったら、私はまた前厄とのこと・・・。
この間終わったばかりだったのにー。
女30台はいろいろあるのね、本当に。

我が家はこんなお正月でしたが、皆様いかがでしたか?
家族が元気で穏やかに過ごせますように。
みんなにすばらしい一年になりますようにお祈りします
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(8) | - |
さてさてお正月 母ピンチ たんばらにて
二日めも姉はスクールに、昨日より寒くしかも先生がおじさん。そしてひとりぼっち。
逆足のターンがなかなかできない姉に、
先生は「なんでできないのー?」といわれたらしく、へこんでいた。
まあ、できないからスクールに入っているのだが、ちょっと笑えた。
いろいろな要素がかさなり、昨日ほど上達せず帰ってきました。
寒さとくたくたでキッズルームで姉がくつろぎ始め、
弟はまったり滑り台。
旦那も休憩状態でしたので、私も姉のボードを借りて
一本滑ってきました。
昨日旦那が1時間もかかっていたので
どんなに難しいだろうと思っていたら
20分ほどで降りてこれました。
4かいくらい転びましたが、楽しかったです。
新しいことをはじめるって楽しい。
来年は私のボードをゲットするぞ。
姉のブーツは22センチ、私の足は23センチ少し痛かった..,
来年私が新しい板を買ったら、姉にとられてしまう気がする・・・・。
油性ペンでかっこ悪く大きく名前でも書くか・・。

ペンションでの子供たちもなれて、夜遊ぶのを各家庭とも楽しみにしていました。
家族連れには、本当にいペンションでした。

食事が終わり部屋に戻ると、旦那が実家に電話を・・・。
家を出発する前に、旦那の長野の実家から
お米やお餅や野菜が宅配便で贈られてきました。
中には姉と弟へのお年玉も。
御礼の電話をするから、私と姉は変わってお礼を言わなくちゃね、変わってねと。

私と旦那は8年前に、結婚しました
姉が8歳ですので、できちゃった結婚ですね。
私がどうしても子供を生むんだって聞かなかったから
私の周りも最初は反対だったけれど、親や親戚やお友達など
しかたなくがんばれってなってくれました。
だんなは、バツイチでまだもめている最中でした。
旦那の実家に前の離婚について
説明をまったくしていなくて
旦那の実家はいろいろと怒っていて、
勘当状態でした。
私とのことも、離婚してすぐになんてと反対していたのだと思います。
姉がおなかにいる6ヶ月のときに
アポなしで二人で挨拶に行きましたが
お母さんだけ家にいて、私の話はあまりなく
前の離婚の話や、説明しなくてごめんとか
おんなじことを繰り返すなとか、本当に大丈夫かとか
内容が仕方ないのですが暗くて、
おめでとうといってもらえなかったので歓迎された気がしませんでした。
その後、姉の出産、結婚式、など旦那の両親は来てくれませんでした。
お祝いとかはたしか届きましたが、見に来てくれることはなく、
旦那の失業などもあり、こちらもなかなかいけないままいました。
結婚して3年ほどは、子供を見せにいきたいと私がしつこく言っていたと思います
写真を送ったり、わりとしていた時期です。
旦那は厳格なお父さんに頭が上がらず、いきたくないし
親はいないと思ってもらっていいと言っていました。
楽だなあと思う反面、紹介もされていない私や子供ってなんかなあと思ったり、
失業などで旦那と離婚寸前だったときには、
親でさえけんかしたまま、釈明もせずそのままなんだから
私にだってそうだよね。
冷たいやつだよと感じていました。
姉が年長さんになりかのんがお空に言ってしまって、
私がもしかしたら死んでしまうかもというときにも、
だんなの両親はきてくれませんでした。
そのときは特になんとも思いませんでしたが
弟が生まれたときもこなかったので、
ああ、そういえばかのんのときもきてくれなかったものね。
私の人生には、もうあんまり関係ない人だなと、思ってしまっていました。

私はなかなかいやといえない性格で、いい格好をしてしまうので
旦那のところにお母さんから電話があったときに、
私が変わると、あんまりよく思っていなかったのに
1時間くらいしゃべって、すごく疲れてしまい
途中で助けてくれない旦那にはらを立てよくけんかをしたものでした。

それも、かのんのときを境目に、電話に出ることもなんでもなくなり
何かを贈ってもらったときなど、どうもありがとうございました、
おいしくただきましたと言って、すぐだんなに受話器を渡してしまうのも
平気になっていました。
旦那には、親は大切にしたほうが言いと思うけれど
あなたが行かないならそれでもいい。
でももう、あなたが行きたくなったときに私がそのとき行きたいとは限らないから
それは覚えておいてねと何年か前に言って、
それからだんなの親のことでけんかすることもなくなっていました。
子供をもつ親として、それでいいわけないとどこかで思いつつ、
私や旦那を見て子供は育つわけだから、
自分に同じように帰ってきてしまうだろうな、
でも相手のあることだからもう悩むのやめようって思っていました。

前置きが長くなりましたが、
姉がお年玉のお礼をいい、
私がお米やお持ちのお礼を言って
旦那に電話を返しました。
なにかをしゃべっていると、
旦那は3人兄弟の長男なのですが、一番下のおとうとが結婚しているのだが、
お嫁さんは、実家に来ず今年はおとうと一人で帰ってきているとのこと。
離婚になっちゃうかも、あぶないかも、
2年ほど前に真ん中の弟が、離婚しているので
見知った家族だけでだれもいないのよ、あんた帰ってきなさいよ
みたいな会話になっているのがわかる。
まあ、だんなのことだいつものように断るのだろうと
のんびり聞いていると「相談してよれるようなら行くよ。
ここは(たんばらスキー場)結構長野に近いんだ」と・・・・・。
言って受話器をおく。
そして私に、(弟が)これこれこうなんだってさあ。
こいって言っているけれど、どうするー?と
私?私かい?自分の意見は何も言わず私にきくのかい。
私はといえば、あまりに急な展開と、
旦那の8年の中で初めて実家に行きたそうな態度に戸惑いつつ
スキー場で喧嘩は勘弁だ、
行きたいなら行きたいから言ってくれと言え。
行かないでいいならこの話するなという。
そうすると旦那は行きたい気がするという・・・・・。
まあ、じじゃあ、考えて帰りまでに決めるわと言う。
分かった私は行かないかもしれないけれどといって寝る・・。が、
私はなかなか眠れない。
ムカムカムカムカ、
何で今頃行かなくちゃ行けないのよ。
私の人生の一大事には、むこうの両親は何も何もしてくれなかったのに。
誰も来ないからって、そんなの知るかよ。
私にも子供にも関係ないわよと考えていた。
そのときの旦那との会話も頭に来たことがいっぱいあって、
8年目の身重の訪問の歓迎されなかったことや、
帰りの車でわんわん泣いている私に
「なんなの?俺にどうしろって言うの」
とハンドルをなぐった大嫌いなだんなの一面も思い出す。

すると、びっくりすることに・・・・・。鼻血が出てきた。ビックリ。
鼻ほじくっても、掻いてもいないのに、
頭に血が上って鼻血が出たらしい。
まあ、相手のあることを一人で考えても仕方ないからと
自動販売機で350のビールを買って寝ることにする・・・

お正月だというのに、なんということだ。
行かないですみますようにと、祈りつつ寝ました
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(0) | - |
もっともだ
半年ほど前から、旦那は3年ほどやめていたタバコをはじめてしまった。
赤のマルボロだ・・。
かなり強い。
私は禁煙中だが、そばで吸われると、おなかがいっぱいのときなどは
とてもとても吸いたくなる。
が、今のところは我慢している。
夜中にまったり一人で仕事をしていると
スーツのポケットにタバコが入っていることがわかっているので、
脳裏にちらちら思い出す。
そんなときは、ポケットを探り、少しでもたくさん入っていても
キッチンに行って、パッケージごと水没してしまう。
家になければ、考えないんだ。

タバコをやめると、吸っている人のにおいが気になる。
吸ったばかりのときは、すごいにおいだ。
私もそうだったんだなあ、こんなにおいがするんだ、絶対やめるぞと思うが、
そのにおいに反応して、くさいんだけれど吸いたいなあと。
ちゃんとできるまで、3年くらいかかるのかなあ・・・・・。
旦那にもやめてもらいたいが、私の言うことなど聞いてくれるわけがない。
ちょっとそんなことをいおうものなら、
うざそうに、きれられる。
一度大喧嘩をして、懲りたのでもう好きにしてくれと思うようにした。
あいつのことだ、人に言われて何事も変えやしないから、
せめて子供の前で吸わないように、ベランダもだめで、
玄関から外に出て吸ってもらっている。
家では、少しは本数が少ないんだろう。
会社にいる時間のほうが多いから、まあ、気休めだと思うが。

パパはタバコを再会してから、くさい。
たばこのにおいだけじゃなく、くさい。
なので、弟を抱っこして、チューとかしようとこの間したので
露骨にいやな態度をしてしまった。
「あのー、ちょっとやめてくれない?」
ってつい言ってしまった。
控えめな言い方が、またリアル・・。
すると旦那は、姉に助けを求めて
「やめてくれない?だって、ひどくなーい?ひどいよね?」
と、姉に助けを求めた。
なんていうのかなあと楽しみに聞いていると、
「もっともだ」と。
「へ?な、なんで、ひどくない?」と旦那が何度聞いても
いつも答えはおーなーじー。
「もっともだ」・・・のみ。

ひさびさに、スカッとしましたー
姉、ありがとーーーー

だんなは、ヴ、ヴーと絶句しておりました。
あざやかー、かっこいいーぞー、姉ー、はくしゅー。

私もね、細木かずこのテレビを見たり
仲良しなFちゃん夫婦の話を聞いたりすると
反省して、あー、家族のために働いてくれるんだから
たいせつにしなきゃーって思うんだよ。
でも、わたしのだんなさまがご帰宅されて
少し時間だたつと、
「あー、だんなさまに、よるよねー。うちは意味ないよねー」
となってしまうの。
何度、何百回、反省して開き直った8年間でしょう・・・。寂しいわあ。

と、いうわけで、
最近、特に口の聞き方がなまいきで、かちんとくることがよくある姉だが、今日ははくしゅー。
うっしっしー、あははー、ばーかー、くたばれー馬鹿旦那。
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(3) | - |
五臓六腑
パパに明日お祭りに着る半纏などのアイロンをかけてもらい
私は準備に今までかかってしまいました。
明日は荒川区三ノ輪のお祭りで神輿を担いできます。
今日から1週間くらいコメントのお返事や
更新が出来ないと思います。

筋肉痛と5日酔いに苦しむことが予想されますので
お許しください。
久しぶりなので、たくさん飲んでたくさん騒いで
帰ってきます。
お子は両親にお任せし、4年間のブランクを埋め
今年はみんなが健康で過ごせるように
一生懸命担いできます。

写真も撮ってきます
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(4) | - |
ほくほくコロッケにて終了
週末はどうなるとこかと思いましたが、無地終了です。
金曜の夜、父から電話で
「まりんの誕生日プレゼントかってあげていないから、明日行くね。
土曜日暇だから泊まらせて」と・・。

本当に急な人ですが、助かりました。
先週でフリマも終わってしまい、今週は病院以外予定がない・・・。
険悪な状況でどうしましょうと思っていましたが・・。

土曜日午前、病院での検査終了。
11月1日に再来、追加検査の後手術日が決まります。
今日は、特に何の説明もなし。
12時半ごろには家に帰りました。
午後1時に父家に到着、4人で龍ヶ崎のヨーカドーとトイザラスへ。
まりんはきらりんレボリューションのソフトと
シナモンのフラフープ、とうふのクッション拍手
3つをゲット。
どれも親には、はい、無理無理といわれてしまう代物です。
ご機嫌で、家路へ。
父がいるので、二人とも普通にしていなくてはいけなくて
それがよかったようです。

ところが、二人が寝た後、
お互い気を使いながらたわいのない話をしていたら、
「ちょっとどいてよ、デブ
と・・・。
私、目が点。
「で、でぶう????」
だんなは、私の怒りの気配にあ、まずいと思いながらも
「なんだよ、そっちだって人のこといつもデリカシーなく
でぶでぶって言うじゃないか。
なんで俺だけ怒られるんだよ。冗談言っただけじゃないか。怒り
私、あうあうと言葉が出ないが
「私はデブじゃなくて、妊婦なんだよー。ショック

なんと、まあ冷や汗レベルの低い夫婦でしょう。
布団にはいり、しばらくはむかついていましたが、
ぷりぷりしている自分にも、笑えてきました。
もう、いいやーあいつは、馬鹿だからー。
やーめーたー。

日曜日の夜に、じゃがいもがたくさんあったので
コロッケを作ってくださいなとお願いし、
功名が辻(NHKの大河)を見ながらはぐはぐ、
怒っているといいことないから、
しゅうりょー。
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
健忘症というのか・・・
私の帝王切開の日が、11月15日前後に決まった。(37週ですね)
まずは赤ちゃんの大きさがそのあたりで
2500グラムを超えていると思われこと。
そして病院の分娩予約の状況などを見て、
これから決まるということだった。
まだ先生は自然分娩を進めてくれるが、いや、帝王切開でお願いしますと言えた。

入院期間は10日から12日とのこと。
週末以外の平日をまりんはFちゃんのお家でお泊りさせていただき、
小学校に通うことになる。
家のだんなでは、小学校ママの連絡帳やプリントやその他もろもろ
無理であろう(無理じゃ、だめなんだけどね)し、
朝6時50分に毎朝、家を出るため、8時までまりんが家にいて、
パパが携帯で電話をしたら登校班の場所に行く・・。なんて
一応シュミレーションしてみたのだけれど、
丸ごと、お泊りでって引き受けてくださった。
安心して切ってもらえます。
Fママ恩に着ます。

それなのに、それなのに
電話が鳴る。出る。
「●月●日、バーベキュー誘われちゃったんだよねー。なんか予定はいってたっけー?」
私固まる。
そのころは私が、退院か退院でないかぎりぎりのところ。
私は無言で、ひとにらみ。

「あ、あれ手術いつだっけ?そうだ、そうだよね。あれ、あ、断るよ、うん。
ちょっと聞いてみただけだよ。いったって行かなくたっていいんだから
知ってるよ、忘れていたわけじゃないんだ。」

今書きながらなら、妙に笑えるけれど
当日私は沸騰寸前。
「はいはい、わかったから、今てんぷら揚げているから」のみで
無言のまま、電話を置く。
その後何度か電話が鳴るが、てんぷらのこと以外
こういうとき何も言ってはいけない。
7年目の知恵だ。
なんか、わーっと、余計なことを言うと、
「おれだっって普段心配しているのに、行かないって言っているのに
このくらいのことで怒るのか」にすりかえられてしまうのだ。

2回ほど「ああ、ほんとに焦げるから」と電話を切る。

帰ってきてから、まりんと私はもう布団だ。
なにか一生懸命、弁解していたが
間違いなく彼の頭の中に、赤ちゃんのバースプランは、
スコーンと抜けていたんだ。

覚えていて、それでも行くだんなもいるだろう。
スコーンと抜けているうちのだんな。
いいんだか、悪いんだか。

まあ、去年あんなことがあったのに、抜けれるパパはある意味大物だとは思うよ。
おろおろされていても、困るけれども・・・。
ついこの間、後40から50日なんだから
無理せず、大事にしてくれ、なんていっていたのに
両方同じ人なんだからまったく本当にもう。

バーベキューは、赤ちゃんが元気に生まれたら
いくらでも行って下さいな。
と、言うわけで昨日はFちゃんと外食。
もう怒っていないけれど、夕飯の支度を1回得して満足しました。
でも閉店間際の半額シールのついた刺身を買って、
ご飯と味噌汁は作ったよ。

馬鹿話、うまく解決。やったね。
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(2) | trackbacks(0) |
奥さんのおしり
今日から恒例の月末スイミングのテスト。
まりんくん、今日は不合格。
Fちゃんも上手だったけど、判定はボツだった。
今週もたくさん行かなくては。

明日でサマーサポートも終わる。
スイミングの帰りにのんびりは今日で最後。
4人でマックに行った。
Fちゃんママに、だんななどの毒を聞いてもらい、
子供たちは楽しく遊んで、8時ごろ帰宅。
低かったテンションをFちゃんママに上げてもらった。
ぐったり疲れてないとよいが・・。
私はすっきりさせてもらったということは、
むこうにぐったりが多少移ってしまったということだ。
チェーンメールのように誰かに移しちゃってください。
駐車場についたところで、パパから電話。

「あのさあ、京子ちゃんが昔かかったおしりの病院てなんていうんだっけ?」
「はあ?なんの話?」
「ほらほら、まりん産んだときさあ。会社に苦しんでいる人がいるんだよ、云々」

はいはい、7年前の話です。
生まれてから少し気になっていました。
痔のお話です。
当時27歳。
マリンが生まれて2ヶ月たち、私はダイビングの仲間と
1泊2日で伊豆の神子元にもぐりにいかせてもらいました。
出産のご褒美のような、、。お恥ずかしいアホデス。
この日まではなんだかむずむずする程度でした。
回遊魚がんがんの刺激的なスポット。
開放感からたくさんのお酒を飲み、
疲れた体で4本もぐりました。
その間パパがまりんの世話をしました。
乳飲み子を置いて遊びに行った罰でしょう。
ウエットの水圧と、帰りの8時間の渋滞で寝てしまい
車の移動を、同じ体勢でいたのでおしりに余計負担があ・・・。
上野で解散したときにはもう、歩くのさえ苦しくなっていました
常磐線に乗り、1時間何とか家にたどり着いたけれど
激痛に眠れないほど。

次の日には立ち上がることも、まりんを抱っこすることも出来なくなり
パパに車を出してもらい、荒川の実家へ逃げ込みました。
祖父がその道のプロフェッショナルで、近くにいい病院を教えてもらいました。
「俺なんか、もう50年も痔もちだぞ。うはは」
なんていう、自慢なのかなんなのか間抜けな発言にも
うーんん、じいちゃん、笑えないぜ。
まったく余裕もなく、次の日這うように荒川肛門科へ

すごくすごく腫れていたんだけど、
先生は「うーん、そうですね。お薬を出しますので様子を見ましょう」
ええええええええー。そんなあ。嘘でしょ。
現在2ヶ月の子供がいる、抱っこも出来ず、実家にもそういられないし
なんとかならないでしょうか?お願いします。
「そうですかー、では手術しましょうか、そんなでもないんですがねー。
赤ちゃんいるなら大変ですかね。」
3日後という手術をなんとか頼み込んで、明日にしてもらう。
朝から夕方まで待合室で待機して、
先生の手があいたときでいいのならという条件。

幸いお昼ごろには、やってもらえた。
後は2.3日痛んだが、早くに病院に行ってとってもらったので
全部で2ヶ月くらいのお付き合いで終わった。

子供が大きくなるまで、手が離れるまで絶対にダイビングには行くまいと思った。
若くてお馬鹿な、新米ママでした。

そして今日、パパはこの話を痔で苦しんでいるという会社の同僚に話、
私に病院名を尋ねに電話をしてきたということ。
「いやあ、家のかみさんが子供生んだときにいー」
なんて、ちょっと面白おかしく話したのであろう。
確かに実家に駆け込む車中で、ちょっとしたブレーキにも
「ヴ、ヴヴーン、わるいんだけどもっと優しくう・ん・て・ん・し・て」
と言っていた私は今思い出せば
相当面白い。
でもこれはこれは秘密の話だというのに。
こおおおらあああああー。
おまえっていうやつはー。
数多くの貸しに、またエピソードがひとつ加わった。
覚えておれ、ばかだんなめ。

ちなみに、今は完治しております。
手術をすればうそのように楽になります。
あまりの激痛の後だったので、手術の痛みはなかったように思います。
金額はたしか2万円ほど。
時間がたつほど、なおらないそうですから
お悩みの方は早めにお医者さんに行きましょう♪
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
朝帰り〜冷戦ほぼ終結
今週はなんだか忙しかった。
眠くて仕方ないのに、海外から仕事の材料がダンボールにたくさん届く。
仕分けだけで終わってしまった。

今日からあほだんなが夏休み、来週の日曜日までだ。
結構長い、いい会社に入ったな。

昨日の夜は前から、飲み会と聞いていたので夕飯はどこかでまりんと
おいしいものを食べようと決めていた。
実父を誘って、柏にイタリアンの食べ放題に行く。
3人とも気持ち悪いくらい食べて、帰ってきた。
父はすぐ寝てしまう。
まりんと私は、DVDをみたりゲームをしたり、12時ごろまで夜更かし。
マリンが寝る。
終電にのると1時過ぎに家に着くはずだけれど、
1時半になっても帰ってこない。
戸締りをして、信長を読む。(室町〜江戸好きな私)
電話もない。
世の中の奥さんは、連絡もなく朝帰りは怒るのだろうか?
彼が新しく入れた会社は、彼の大学時代の先輩後輩が会社や取引先に
多数いるので、まあ、盛り上がっているのだろうと、
1回貸しだなくらいだった。
子育て一段楽したら、私も朝まで遊んでやろうっと(体力が持たないだろうが??)。

帰りのことは怒っていないのだが、
冷戦を放置して(使い込み)今に至るので、
「おいおい、あほだんなずいぶん、はぶりがいいじゃないか」
あれからお金渡してないのにねえ。
経済制裁聞いてないのか???
朝5時半、だんな帰宅。
目が覚めた。
「ごめんなさい。」とだんな。
「普段一生懸命働いているのだから、飲むのはかまいませんけど、
ずいぶんお金続きますね」と私。
やっときっかけがつかめたのだろう。
発覚から今までの、小嘘を全部はいた。
1ヶ月も時間があったから、確認しなくてはいけない3.4の事項は
要点を無駄なくきちんと聞けて、まあ許さないが
ほっとして、ごめんなさいを連発していたが、
しれっとしたまま寝かした。
エキサイトもせず、5分で終わった。
経済制裁は利いていた。
ひいひいはしていた、休みにたどり着く前の残金は900円だという。
意地っ張りなばかだんな、あはは限界までがんばったね。
でも、まだその辺は悪いけど放置しておくよ。

7年の数々の喧嘩で初めて、勝った気がした。
なぜってあまり疲れず、結果が残せた。
いつもがみがみ言いたいことは言うが、
相当な疲労感と脱力感と怒りと、戦後処理があるのだが、
今回はないから爽快感さえある。
私の恐妻ぶりも堂に入ってきたのではないか。
足りない分はシビアに、バイトでも何でもしてもらいましょう。
今日からのお休みも、まりんに楽しんでもらえるし
日程的にもばっちりだ。
あいた日には、さくっと玄関とお風呂の徹底掃除を要求しよう。
敗戦国は、つらいのだよ。

私がもし男だったら、こんなに怖い奥さんはいやだー。
でもおばさんはたくましくなくてはいけない。
いいのか、悪いのか、だいぶ育ちました。
さて明後日から旅行だー、楽しむぞー。

次の喧嘩もぜひ、冷戦でいくぞ。
こっちのが彼にはだいぶ利きました。
核戦争より、経済制裁、時代に学ぶ私でした。

| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
冷戦終結か?
いろいろ言わないので、向こうががんばっている。
ご飯を食べれば、誉め
天気がいいとわかれば、昨日はせっせと洗濯をほす。
お金を使い込んじゃったことによる
小さな嘘がたくさん、たくさん、
芋づる式に出てはきたのだが、
言い始めたら止まらなくなりそうだし、
返って来るわけじゃないし、
考えるとまだ、はらわたが煮えくり返っちゃうけれど、
そのことには一切さわらず放置している。

明後日、金曜日がこの間の代休で休みらしい。
そして今週末は柏まつり天気もよさそうだ。
いろいろやってもらわなくてはいけないこともあって、
冷戦は短いけれど、先細りだ。
北朝鮮のキムか、うちのだんなは。
私はさしずめ。トーンダウンの日本か。
日本の出来ることといえば、経済制裁ですね。
これからゆっくり考えます。

恋人なら、しばらくむっとしていられるけれど、
同じ屋根の下で暮らしている夫婦は、
子供の手前もありそうもいかないのね、
猛烈に怒るけれど、私は怒りが持続しない。
もうちょっと、ネチネチやりたいのだけれど、
あんまり調子に乗っていると、
逆切れして、ズドンとミサイルを打ち込まれる。
ころあいが難しいや、本当に。

今日はまりんの個人面談だった。
なんだかすごく誉められたけれど、
家では猛獣なので、恐縮してしまった。
私に似て、彼女も外面ナンバー1であった。
そして、だんなも外面ナンバー1。
調子のいい、B型が3人、おなかの子も絶対Bしかなく、
いつまでもこの濃いやりとりが繰り広げられるのだろう。

打倒、金正日。
これからはだんなを、ここでは家のジョンイルと呼んで
発散してしまおうっと。
| かのんママ | 愛すべき馬鹿だんなのこと | comments(0) | trackbacks(0) |