新しく増えた家族と、あちらのあのこと、みんなで週末フリマをしながら
いろんなところにいっています。
取手、柏、守谷周辺にお住まいの方は、ぜひ参考にしてくださいね。
おすすめフリーマーケット情報があったら、ぜひ教えてください♪

2005年8月5日、我が家は第2子かのんを、
常位胎盤早期剥離で妊娠9ヶ月でお空に返しました。
そのことをきっかけにこのブログをはじめました。
そのときの経過や、その後の妊娠についてが綴ってあります。
悲しみはずっと消えないけれど、
今では家族で普通にかのんの事をお話できるようになりました。
そっと支えてくれた人たち、一緒に歩いた人たちありがとうござました。
これからもヨロシクネ♪
  ななころび やおき
いらっしゃいませ、よかったら、足跡をのこしてくださいね
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
大切な
昨日は姉の同級生のおばあさまのお通夜だった。
同級生のお家はお母さんがいないので
おばあちゃんがお母さん。
だからこれからが大変。

そういうときに、うまく言葉を紡ぐ事の出来ない私がいる。
私の何気ない一言が
もしかして相手を傷つけてしまうのではないか。
伝えたい言葉はたくさんあるのに、
あのあのと、オロオロするだけ・・・。
大切な人を亡くしたり、すごく落ち込んでいるときに
力になってあげたいのに言葉が出ない。

がんばってって、あんまり言わなくなった。
がんばるの大好きだったけれど
がんばってもだめなことってあるしな。
精神的に参ったときの、がんばってって
結構つらいんだよね。

それから考えたことは、
そのお通夜に来ているのは
幼稚園や小学校のママもとても多かった。
姉が小さいときに、お世話になったママに
「赤ちゃん生まれたのね。あなた本当によかったね。」
といってもらう。
私に起こったエピソードをどこからか聞いて
心配してくれていたんだなあと思う。
ありがたいなあ。

弟をお焼香の間、お友達のママに持っていてもらう。
姉はまた違うママにお世話を焼いてもらう。
子供を通じて、同じ時代を同じ地域で過ごしていく大切な仲間たち。
何十年かして年を取って、今日のような、
順番わからないけれど、体調万全で元気でみんなで長生きしたいなあと思った。

おやすみなさい、おばあちゃん。
お空でまたね
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(9) | - |
衣替え
毎日暑い日が続くので、衣替えを急いでやった。
弟の服も増えて、姉のスペースも減ったので
小さくなったものを仕分けするために
いろいろ引っ張り出す。

幼稚園の年中さんのころに着た水着なんかが出てきて
きれいなものを写真を取ってオークションに出す。
女の子は洋服が本当に楽しいんだよね。
浴衣も水着もたくさん集めるのが好きで
姉はいろいろ持っている。
お洋服はあげたりフリマで売ったりして
あまりないけれど、シーズン物はそっくりとってあった。
妹が出来たときのために大事にしていたけれど、
誰かに使ってもらうときが来たようだ。

かのんは生まれていればもうすぐ2歳。
歩いて忙しいころだな。
弟が生まれたおかげでその2歳を、二つの意味でとらえられる。
わー、かのんはあのくらいなんだあ。  と、
あと1年もすれば弟はあんなに大きいんだと。

最近赤ちゃんの集まりに出席すると、1.2.3歳の子供たちによく触れ合う。
小さな赤ちゃんにママをとられてしまって
やきもちを焼いて、ブチ千切れているお姉ちゃん、2歳児にこの間会った。
ママの気を引きたくて、赤ちゃんを結構な強さでたたいてしまっている。
典型的な赤ちゃんガエリ。
お母さんは一杯一杯だったけれど
ほほえましく思えた。
もう、ただただママを盲目に必要としてくれる期間は
結構短いのだ。
あと2.3年すれば、弟もお友達が楽しくて楽しくて
仕方なくなる。
姉(7歳)にこの間「ねえ。ママ、そんな格好で出かけるのー?」なんて
生意気なことを言われて、結構へこんだ・・・。

姉のとき、引っ越してきて周りにお友達もいなくて
ドラクエをしたり、スーパーに行ったりくらいしか用事がなくて
子育てしつつも結構暇で、なんだか社会から置いてけぼりに思えた期間が
2年ほどある。
新しいお友達が、今その状況にあるのだが
あの期間が今とても懐かしい。
時間にゆとりがあって、子供一喜一憂に喜んで
だんだんお母さんになっていったあの時間。
赤ちゃんのお世話ばかりしていると、
大人としゃべりたいーって、ストレスたまったり
自由に動けないから、窮屈に思うのね。
34歳の私は、その窮屈を期間限定なことがわかっているから、
思い切り楽しみます。

可愛い可愛い女の子のフリフリお洋服には、
うわあ、着せたいーってお空のあなたのところに行くまで
ずっとずっと思い続けるんだろうな。

私の可愛いお空のむすめ。
お母さんは元気だよ♪



| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(4) | - |
2007 天王祭
来月6月3日日曜日は、荒川区のすさのお神社で行われる
天王祭に行っておみこしを担いできます。
4年ぶりです。
生まれたときからずーっとやっていたのですが、
叔父がなくなり、妊婦になり、かのんの喪中、また妊婦で
4年間参加しませんでした。

地元には私に起こった事を知っている人はほとんどいないので、
なんでこなかったのよおと言うことになるとおもいますが、
旧友たちと交流を暖めてきます。

おみこしは2点棒で、右に左に揺らしながら行く
盛大で雄大で肝臓に悪い(飲みすぎ)祭りです。
このお祭りの後は、私もパパも1週間くらい
体調を壊します。
子供たち、覚悟しておくれよ。
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(4) | - |
お花見
今週末は、お花見。
天気がよいといいな。
今日は幼稚園の園庭に娘とお友達が遊びにいかせてもらった。
お菓子と水筒とレジャーシートとおにぎりもたせて
楽しそうでしょよつばのクローバー
なので抱っこでりくをつれて
後からちょこっと様子を見に行った。
桜が5部咲き、とてもきれいだった。

去年のちょうど今頃、りくがおなかに入ったんだなあと。
まだそのころ私は知らない。
かのんと一緒に桜を見たかったと、泣いていたっけ。

この間まで、桜や花見はとても晴れやかな
楽しいイベントだった。
ここ1,2年そこになにか胸にキューンと来るものがあって
おなかの肉も落ちないし、やれやれ私も年だなあと
今日思った。
桜、きれいでちょっと物悲しいのは私だけかな?

3食スイミングつき、乳幼児つきの春休みは
なかなかハードです。
もちろん仕事はまったく出来ない。
あれやれ、これやれと今日はお姉ちゃんに特にがみがみしすぎて反省。
明日はぐっと一言をこらえるぞ。
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(0) | trackbacks(0) |
ひな祭り
今年のひなまつりはお雛様がだせなかった。
赤ちゃんと仕事と小学校とばたばたして
1週間くらい前にお友達が家も出す時間がないと
聞いて、安心してあせあせ放棄してしまった。

去年の今頃は、毎日息をしているだけで
精一杯だったなあ。
でも去年は出したんだ、お雛様を。お姉ちゃんのために。
そしてかのんの初節句だったのにって、
夜中に一人でわんわん泣いたんだった。

マリン君にはあんまり早くお嫁に行ってほしくないから
今年は出さないことにしましたと言って、
ごまかしました。
毎年お雛様の時期には、胸がちくりと痛むのであろう。
でも私の大切なちくりである。

今ここにいることに感謝して、自然や人間や自分を
楽しんで楽しんで生きていこうとふと感じました。
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(0) | trackbacks(0) |
walking tour

walking tour

もうすぐ出産のたんたまごさんのところに遊びに行って
紹介されていました。
娘が横にいたのに号泣してしまった。
いいお話です
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(4) | trackbacks(0) |
もうすぐ会えるね
3連休終わりましたね♪
土曜日に小学校で行事があったので、
我が家のまりんは代休で、お昼というのにまだ寝ております。

入院の日がマジかになり少しは、ばたばたしてきました。
ベビーベットがきたり、親に話したり
(両親には年末くらいといっていた、、、。
ごめん、あんまり早く言うとみんなパニックになっちゃうでしょ?
案の定、みんなパニックです。)
納車金曜日に決定、間に合うー。

昨日もふるさと公園のフリマにお買い物に
いきたかったんだけれど、行けず。
掃除とごみ捨ての指示で明け暮れました。
お好み焼きとクレープの準備をして、
日曜日の夜8時は、夫婦のお楽しみの功名が辻(NHKのドラマ)。
まりんは、クレヨンしんちゃん。(部屋には2台のテレビがあります)

そんなときに、りくが大きくおなかを蹴りました。
母「うおおおおおー、いたあーい。」
父「蹴ってるの?」
母「う、うーん」
父「あと、ちょっとだね。楽しみだなあ。
もう早く生んでくれよ。もうすぐ、かのんに会えるね」
母「うん。???」
しばらくして父「ああ、りくだ。二人分楽しみで、二人分かわいがるってことだよ」
母「そうだねえ、かのんよかったね。」

終わり。
パパの中にかのんを感じましたよ。
たまにとび蹴りしたいくらいむかつくけれど、
いい父ですな。かのんくん。
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(14) | trackbacks(0) |
来年になったら
今日は朝一番で、まりんのかぶれの病院へ。
今日でようやく、診療終了。
1番だったので、9時過ぎには学校に送っていけた。
私はその後、一人でドライブ、お墓を感じに行ってきました。

のどかな田園風景の中にある、霊園。
今日は天気がよくて、空も高くて気持ちいい。
りくくんが生まれて、少しみんなで過ごしたら、
かのんを納骨しようと思っています。
墓石に彫る文字を決めなくちゃ。
私の父も母もまだお墓がないから、
計画的な人たちでないので、そのとき困らないように
●●家でなくて、ありがとうとか、志とか、
そういう文字が入ったのにしようと思っています。
どうせなら、私と馬鹿だんならしいちょっと変なのがいいのだけれど、
ご近所様??との調和も考えなくてはね。

遠くて近いかわいいあの子は、誰かが行くまで大丈夫かしら。
なんて、朝から今日は考えてしまいました。

ああ、いけないわ、今週末はプラーレ松戸。
本当の今年最後のフリマ。
がんばるぞー。
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(8) | trackbacks(0) |
羨望
このあいだ行った龍ヶ崎のまいんバザールであった出来事。
いつものようにお店番をしながら、本の同じページを開いて
うつらうつら。
いい天気で暖かく、お昼ねしたおー、なんて思ったとき
「かのんー、あんまり遠くへ行っちゃだめよー」
お母さんが娘を呼ぶ声。
はっとする。
かのんちゃんを探す。
シャーリーテンプルのフリフリのエプロンドレスに、
フリフリのオムツカバー。
3歳くらいだろうか。
とってもとってもかわいい。
お母さん30歳くらいだな。
お化粧キチンとしていて美人さん。
うわあー、もうすごくうらやましい。
あの人はかのんママなんだあ。

どうしてもどうしてももう手が届かない。
こんなにこんなに人をうらやましく思ったことは
生まれてからおそらく初めてだ。

でもね、こうもいつも思っている。
お墓やお骨入れの中にかのんはいない。
私の大切な、まりんやパパや幼稚園のお友達やそのママや、
UDAや優花ママやちいママやはるなママやかなままや 
風や波やお日様に光や雨や エトセトラ
その全部の中にかのんを感じる。

でもね、やっぱりあたたかいほおを、
ふんわりとつつんでなでたかった。

あー、いけないわ季節の変わり目は。
さてさて洗濯洗濯っと。
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(5) | trackbacks(0) |
妊娠してみて
私の妊娠はこれで5回目になります。
マリンを生んだ1年後に流産1回。
そしてかのんで。
その後の繋留流産。
そして今の妊娠に至ります。

もうすぐかのんを死産してしまった34週にちかづきます。
かのんをなくして初めて、タバコをやめました。
まりんのときも、かのんの時も妊娠しているというのに
私はタバコをやめられませんでした。
常位胎盤早期剥離を調べると、喫煙はパーセンテージがぐっと上がります。
言わずとしれず、剥離だけではありませんね。
妊婦がたばこなんて、やめるのは驚くほど当たり前のことと思いますが
これさえもできていなかった私がいます。

そして、よく寝ること。
寝たきりではだめだけれど、疲れたらすぐに休むようにしています。
シャカシャカしている私は、妊婦なのにそこにも気がつかなかった。
仕事優先で、のんびりなんて全然していなかった。

ぱぱと喧嘩をしないこと。
かのんがおなかにいたときには、パパの就職先が今にもつぶれそうで
お金や将来の不安が常にあり、ずっとストレスや不安を感じていました。
(パパも私もです)
喧嘩もたくさんしてしまいました。
妊娠しているというのに、幸せなときに喧嘩なんて変と思うと思うのだけれど
気持ちに余裕がありませんでした。
今思えば、健康ならば、暮らしていくぐらいのお金はなんとかなるんだ。
別に今もお金はないけれど、今は妊婦が1番の仕事と思っています。
何十年も別々に暮らしてきたんだ、意見や行動がちがってあたりまえ。
でも、言わなくちゃいけないことは、エキサイトせず、きっぱり手短に。

冷やさないこと
はだしが大好きなのだけれど、靴下履くようにしています。
最近朝冷え込むことが多いですが、そんな朝はおきておなかを触ると
子宮は、やはり張っています。
冷えは血液の流れを悪くします。
靴下を履いて寝た日は、そんなことはないのです。

上記がどんな因果関係があったかは、わかりません。
でも私しか気をつけられないことがたくさん、たくさんありました。

毎日を楽しく、適度に運動もして、無理をせず疲れたら休む。
当たり前のことですが、気をわず、心がけています。

何の原因もなく模範的な妊婦さんにも、出産には剥離だけでなく
いろいろなことが起こりますから
私の場合だけで何の参考にはならないとは思います。
大切に大切にしていたのに、起こってしまった人がほとんどと思います。
私のような人が一人でも増えないように
とりとめもなく、書いてみました。

一人の命をはぐくんでいると、自覚しながら過ごせなかった反省をこめて
| かのんママ | かのんのこと(榎音 お空のわが子) | comments(4) | trackbacks(0) |